お洒落で成形が難しいゴム製品を作るにはフッ素系離型剤

悩む女性

最近は、ゴムを使った製品の中にも、見た目が繊細でお洒落なものが沢山あります。商品の購入に際しては、実用性だけではなく、外観のお洒落さを重視する消費者は多いです。そのため、メーカーとしても、売れる商品作りのためには、お洒落さというものを常に考慮に入れる必要があるでしょう。
ところが、繊細でお洒落な製品というのは、ゴム素材で作るのにはなかなか骨が折れます。成型段階で金型に注入して固めるところまではいいとしても、その後、金型から取り出す際に破損・変形のリスクが非常に高いためです。そこで、製造過程で生じるメヤニを防止して、フッ素コーティング剤のすべり性と非粘着性を活用したフッ素系の離型剤を塗布すれば、そのような成形の難しいゴム製品も、少ない破損率・失敗率で作ることが出来ます。
フッ素系離型剤はメヤニを防止できることもメリットの一つです。メヤニが出来ると、成型後の後処理が必要になり、デリケートな構造の製品は、その段階で破損する可能性も高いためです。また、塗布する離型剤の量が少なくても簡単に離型できることも、フッ素系離型剤の注目すべき利点です。破損を防止して薄膜でも綺麗に離型できるなら、細くとがったり、複雑に入り組んだデザインのゴム製品も、問題なく成形できるでしょう。

正確な成型が必須のゴムチューブやパッキン作りには離型剤が必要

ゴムの特徴はよく伸びることですが、これは状況によってメリットにもなればデメリットにもなります。ゴムでモノづくりをするとき、ドロドロの液状にしたゴムを金型に入れて成形します。金型内部で固まったゴムの成形物を取り出す際、メヤニ防止効果のある離型剤を使用するなどの前処理をしておかないと、ゴムが金型にくっついてしまい、更に、ゴムの伸びる性質のお陰で、製品の形が歪になってしまいます。これを防止するためには、金型に離型剤の塗布という前処理を施す必要があります。
ゴムは、チューブやパッキンの素材としても使われていますが、離型剤を使わずに成型して一部伸びてしまったゴムチューブやゴムパッキンなどは、製品としての用途をまるで果たしてはくれないでしょう。ゴムの伸びた部分は、他の部分に比べて薄く破損しやすい状態になっているので、チューブにしてもパッキンにしても、そうした製品を使うのは危険でさえあります。チューブやパッキンのように、正確な成型が必須の製品には、特に強力な離型効果があるフッ素系離型剤を使うといいでしょう。フッ素コーティング剤が成分のため、少量の適用でも強力な非粘着性のお陰で綺麗な離型が可能です。そのため、小型パッキンや極細チューブでも難なく離型できます。また、メヤニの発生を防止できるため、成形物の後処理の手間が省けます。メヤニ除去が不要なら、その過程で成形物を台無しにするリスクも低いです。

離型剤はどのような現場で使われているのか

フッ素コーティングされた離型剤は、金型に流し込まれて成形されたプラスチックなどを型から外す時に必要となります。特に薄型のプラスチック製品などは繊細なもので、すこし力を入れただけでも割れたり破損したりしてしまう可能性があります。そんなプラスチックでできた繊細なものをスムーズに型から外すためには、メヤニ防止効果などがある離型剤を利用しましょう。
大抵のものは型に流し込んで形が作られているといえるでしょう。特に離型剤が必要となるのは、キッチン用品や子供のおもちゃなど小型のプラスチックやゴムでできた製品です。また、精密機器の製造においてもフッ素コーティングされた離型剤は適しているので、パソコンやスマートフォン、自動車などの部品の製造現場でも多く使われています。型に入れたプラスチック製品などを取り外しているうちに、その材料が蓄積されることで、製品に筋が入ってしまうメヤニという現象が起こります。そのようなメヤニの発生を防止するのにも、離型性の高いフッ素コーティングされた離型剤が有効です。
このように、フッ素コーティングされた離型剤は、様々な製品を製造する現場で活用されていて、普段私たちが何気なく手にして使用しているものも、離型剤のおかげで出来上がっているといえるのです。金型を使った製造は離型剤を使って、あらかじめトラブルを防止しましょう。


フッ素系離型剤の原料としてご使用いただけるグレードは有機溶剤タイプ、不燃性溶剤タイプ、水性タイプなど様々なものをご用意!【フロロテクノロジー】の離型剤ならメヤニを防止することはもちろん長時間の連続成形も発揮!刷毛やスプレーで簡単に塗布できるので現場でも簡単に利用できますよ!

latest recent

現場で使用するなら引火性のない離型剤がオススメ

蝶ねじ

プラスチックやゴム、シリコンが使われた製品は、私たちの身の回りに数多く存在していて、毎日の生活で頻繁に使用されています。そうした製品が作られる過程というのは、意外と知られていないのですが、大抵金属製の型に素材が流し込まれて成形されています。そうして成形された製品を型から取り外す際に必要となるのが離型剤であり、特にフッ素コーティングされた離型剤は粘着性がないため、スムーズに製品を型から取り外す…

穴あけ加工

生産性アップに役立つ現場で簡単に塗布できるフッ素系離型剤

製造業では、販売する製品を一度に全て作ってしまうわけではありません。通常は、ある程度の数量を用意して市場に投入し、売れ行きを見ながら増産対応を検討します。非常に売れ行きのいい製品だとスピーディに…

read more

工場

金型にはワックス系よりフッ素コーティング離型剤がオススメ

私たちの身近にある物の多くは、実は型に流し込まれて成形された製品です。成形された製品を型から取り外す際に、余計な力が入ってしまったり、間違った外し方をしてしまうと、繊細な製品は壊れてしまうリスク…

read more

大型機械

離型剤は専門メーカーで購入しよう

離型剤とは鋳物等を型にはめて製品を作る過程において、型から製品をスムーズに取り出す為に使われます。離型剤には様々な種類があり、オイルシリコン系、界面活性剤、ワックス系、フッ素コーティング系等があ…

read more